あなたと同じ気持ちになりたい・・・

あなたと同じ気持ちになるブログ

より使い易くなりました!

皆さん、初めまして!今回からブログを始めさせて頂く、
敦賀地区の瓜生(うりゅう)と申します。
4月も半ばになり、桜も見納めになってきました。
寒暖の差が激しく、皆様には体調管理には十分お気を付け下さい。

さて、敦賀地区にあります「アスピカホール別邸 敦賀草庵」について書かせて頂きます。

以前までは式場に30席ほどの椅子を設け、横にある会席会場に20席ほど椅子を並べさせて頂き、通夜葬儀を行っておりましたが、会席会場に式場が見え易いように新たにモニターを設置しました。


モニター設置後


式場での風景をモニター越しに見ることが出来、家族葬で弔問者が多い場合でも、ゆっくりと式に立ち会って頂くことが出来るようになりました。

式場内はバリアフリーの為、車椅子の方でもご遠慮なくお入り頂けます。


また、お通夜やお葬式が無い日には別邸草庵をすぐに見学出来るように会場は日中はオープンにしてあるので、見学を希望の方にもすぐにご覧頂けるようになっています。


別邸草庵の式場風景


様々な方との出会い・別れ・また感謝を告げる場でもある葬儀会場。

その大事な会場をより使い易くする為、私共スタッフは日々お客様に立場になって考えております。


瓜生 和弘

あなたと同じ気持ちになるブログ

想いをつなぐ・・・

導きお地蔵さま


導きお地蔵さまからの今日のブログは藤澤です。
この導きお地蔵さまは故人様が冥途で迷わない様に・・と願って棺にお入れするお地蔵さまです。
お地蔵さまの導きによって良いところに行って欲しい。
ご遺族なら願う事ですね。

ブログのタイトル『想いをつなぐ』

葬儀はご遺族はもちろんですが故人様と関わりの有った方々の
想いをどれだけ伺い葬儀式でつなげられるか?がとても大事です。
故人様を想う気持ちを葬儀式でつなぐ事は我々にとって凄く重要だと思うのです。


葬儀前のミーティング風景


想いをつなぐ為に当社で行っている事に担当するディレクターと葬儀に関わるスタッフとの
事前ミーティングは欠かせません。



ミーティングでは故人様の背景やご遺族の心情、通夜での様子などが中心に話され
スタッフ全員に共有されます。
配慮すべきコト。会葬者への関わり。食事の事。多岐に渡ります。
この情報を共有する事が『ご遺族の想いをつなぐ』コトになるのです。
私が現役ディレクターのときは、この様な想いで故人様を送って差し上げたい!と
だから想いを一緒にしよう!!と話していました。
そうするとスタッフ皆が個性を活かしてお客様に関わってくれます。
葬儀式の質が全然違いますね。

桜の季節のエピソード


足羽神社の枝垂れ桜です。


桜が満開になったある日。霊柩車で火葬場に向かう道中での事。
車内で桜を見せてあげたかった・・とご遺族がポロリと零した一言を聞き
運転手は桜並木が有る道路に急遽迂回して火葬場に向かいました。
車の窓を開けて桜の花びらが舞う道路を走ったそうです。

ああっ桜見せてあげられた!
お父さん良かったね。

最後にご遺族の願いと故人様をつなぐ事ができたエピソード。

そんなつなぐ葬儀をたくさん実現して行きたいと思います。


あなたと同じ気持ちになるブログ

4月8日は花祭り

今週は、三人娘に起こされてる清水がブログします。

福井市は桜が満開で車を運転していると花びらが舞ったり
場所によっては道路が桜の花びらで綺麗な絨毯になっているのを見ます。
本当に気持ちの良い季節になりましたね。

こんな気持ちの良い4月にお釈迦様は誕生されたんですね。
そのお祝いの日が4月8日の花祭りなんです。
皆さんは知っていましたか?

色々な諸説はありますが、有名なお話として
お釈迦様はインド北部の王子として生まれました。
そして、生まれてすぐに立ち上がり七歩あるいて
右手で天を指し、左手で地を指して
「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)
と言葉を発したという伝説があります。

この意味は「世界にいる人々は誰にも変わることの出来ない
人間として生まれており、一人一人が尊い存在である」
ということを表しています。
自己中心や傍若無人と同じような意味で使われていることもあるようですが・・・

また、生まれた地域は、たくさんの花に囲まれた土地であることや
生まれた際の産湯(うぶゆ)に甘茶を使ったことから
花祭りには、お花を供えたり甘茶を掛けたりするそうです。

私も保育園時代にお釈迦様の像に甘茶を掛けたことを思い出します。
皆さんは経験したことがありますか?

イエス・キリストの誕生を祝うクリスマスは日本中で盛り上がりますが
お釈迦様の誕生を祝う花祭りは、ピンと来ない方も多いのではないでしょうか。
イベントを行っているお寺もありますので
この機会に行かれてはいかがでしょうか。

お釈迦様の誕生秘話はまだまだあります。
右脇から生まれた・・・。
白い像が夢に・・・。
九頭の龍が現れて・・・。


などなど興味深いお話しがありますので
調べてみるのも楽しいかもしれませんね。


あなたと同じ気持ちになるブログ

戸籍と西郷どん

福井地区担当の丹尾です

豪雪で大変な経験をした福井ですが、その雪もどこへやら
雪が残っている所も少なく地面が見えて来てます・・・がっ!
雪の次は花粉が降ってくる(飛び散る)季節になって来ました
花粉症には厳しい季節です
福井のこの時期は雪➡花粉➡桜ですね

病院や施設に亡くなられた方をお迎えに行くこともあり
事務所に帰ると服に花粉らしきものが見える時も・・・
花粉症持ちの私は見るだけでもムズムズして来ます

そんな中、以前お迎えに伺った時に施設の方から
こんなお話を伺ったので今日はそのお話を紹介させていただきます

ある施設に入所されていた方でご本人の出生や身内の方も分からない方
ある時、行政からの依頼がきっかけで近くの施設へ入所することになりました
最近になり高齢で身体の具合も悪くなり、心配した施設の方より葬儀の
事前相談を承りました
ご本人との意思疎通も出来ないこと、また身内の方の有無も所在も分からない
ということもあり、どうして良いか分からないという相談でした
相談の結果、今回の葬儀の場合は入所施設の施設長が喪主となりお見送りする
ということになりました

数日後・・・

その利用者の方は亡くなられ、通夜・葬儀には施設の職員の方にも
参列いただき無事滞りなく終えられました

その後葬儀費用のお支払いに見えられた施設長の方よりこんなお話がありました

市役所に死亡届の提出に行った時に、戸籍を調べてもらったところ
群馬にその利用者の親族の方がいることが分かったそうです
通夜の日に電話で連絡をしたところ、
「福井へ行きお見送りさせてもらいたいのですが、私も高齢で遠方まで
参列は出来ません。でも、遠い群馬の地から福井へ向けて心を込めて
手を合わせて見送らせてもらいます」

とのお返事を頂いたそうです。

死亡届を提出して初めて分かった親族の存在ですが
そこに残った記録が故人と親族を結びつけてくれたのではないかと
感じさせられるお話でした

普段の生活ではなかなか深く考えることのない戸籍ですが
葬儀に関わっているとこのような戸籍の深さ、不思議な力に触れることがあります


近年では相続税の控除枠の縮小から相続人を探し出すことにもよく活用される戸籍です
思わぬ所に相続人がいたことを葬儀になって初めて知るという事例もあり注目されています

しかし、葬儀や相続以外にも戸籍を調べてみると他に面白い発見もあります

ちなみに私は自分で戸籍を遡り家系図を作ってみましたが
父方の先祖を辿っていくと
西郷隆盛の3歳年上、勝海舟の1歳年下の先祖が
母方の祖先を辿っていくと
板垣退助、一橋(徳川)慶喜と同い年の先祖がいたんですね

今まさに放送されている大河ドラマ「西郷どん」の登場人物の名前が見え
自分の先祖がこんな時代を生きていたのかと想像しながら観ていると
面白味が増してきます

今では家系図を作ってくれるサービスをしているところもありますから
興味のある方は作ってみると新しい発見もあってお勧めです!

まだまだ戸籍の面白さは沢山あります
そんなこともこれからブログでアップして行きますね!


あなたと同じ気持ちになるブログ

新しくなりました!

敦賀地区担当の中村です。

先月の豪雪が想像できないくらいの温かい日が続いておりますが、朝晩はまだまだ冷えます。
どうぞお身体をご自愛くださいませ。

さて、今回は敦賀地区からホットな話題をお届けします!

3月15日から大切な故人様を偲ぶためのお葬儀のお料理がリニューアルしました!

故人様を想い浮かべながら。故人様が与えてくれた機会に、縁ある方々が集まり、それぞれの感謝の想いがつながる。

そんな大切な場に、故人様が生まれ育った地元食材に拘ったお料理で「彩り」を添えたいという想いから敦賀地区独自のメニューを考案いたしました。




季節によっていろいろな思い出があるかと思います。

今回のお料理ではその季節の旬の食材でおもてなしを致します。

ご遺族の立場では、多忙の中お集まり頂いた方に失礼のないように。という想いがあるかと思います。

このお料理はご遺族、お集まり頂いた方々などさまざまな方々のお立場に立った私たちからの「感謝の想い」が詰まっております!

お料理の詳細は、お気軽にお問合せください。


花粉症の方にはつらい季節…
午後1時から3時は一番花粉が多く飛ぶ時間帯のようです。
また、ウール素材の洋服は花粉が付着しやすいようです。
お出かけの際はお気を付けくださいませ。


中村 裕

あなたと同じ気持ちになるブログ

大雪で得たもの

今年は記録的な大雪となり福井県は災害に近い状況で生活と仕事に大きな影響がでました。でもそんな中、立ち往生した車を周囲にいた人たちが力を合わせレスキューしたり、普段は譲り合わない交差点でも譲り合ったりと、通常では見られない人と人のつながりを多く目撃しました。人は窮地に立つと本領を発揮すると言いますが、同時に本来持っている優しさも出てくるものだと思いました。

今回の大雪で人、建物、道路など大きな被害をもたらしましたが、助け合いの中で人としての心がほんの少し成長したような気がします。これが普段の生活の中で、仕事やプライベートにもその心を持つことができれば楽しい人生を送れそうな気がしました。

そんな大雪も今ではすっかり消えてしまい春めいています。長く辛い冬を越えた私たちにがんばれと言わんばかりの青空が広がっていました・・・・飛行機雲みえますか?


春を待っていたわけではないですが、いよいよ丹南地区でもイベントを開催したいと仲間と企画中です! ご期待下さい。



玉村 利成

あなたと同じ気持ちになるブログ

ことしも終わり

雪と闘う毎日に、気が付けば今年も残りわずかとなりました。
一年経つのも早いものですね。。。

この一年を振り返ると、勤務地が変わったことで
新しい仲間、人との出会いがあり、充実した一年であったと
感じています。
皆さんは、良い一年でしたか?


死と向き合う仕事であるものの人との出会いで行き交う
私たちの日々の仕事において、葬儀事以外でお客様のお役に
立てることを常に考えております。

つい先日のことですが、
地元のショッピングセンターで、『終活茶屋』という
イベントを開催させていただき地元の方が20名程集まり、
葬儀のお困りなことや心配事を少しでも解消できるよう
お話をさせて頂きました。


和やかな雰囲気の中、来てくださった方が
私たちの話を興味津々に聞いていただき
本当にありがたかったです。

地元の方と身近に触れ合うことができ、
人の温かみを感じることが出来、良い一日でした。


来年も皆さんにとって良い年になりますように
お祈り致しまして、ことし最後のブログをしめたいと
思います。


ご愛読いただき本当にありがとうございました。


内田 善弘

あなたと同じ気持ちになるブログ

訃報

野村沙知代さんの訃報をニュースで知ったのは12月9日のこと
テレビから御主人の野村克也さんの憔悴した姿を拝見すると沙知代さんを亡くした
苦しさが伝わって来ます。

近親者だけの密葬(家族葬)で葬儀を営まれ、後日にお別れ会を開かれるそうです。

『家族葬』と言う葬儀のカタチが福井県でも増えつつ有ります。
この流れは止める事は出来ません。
しかし、疑問に感じる事も多いです。

家族葬=葬儀料金が安い。と認識されている方が実に多い。
事前相談でも家族葬は安く葬儀を営むことができる。つまりお値段主体。
実は、家族葬は香典収入を制限しお参りされる方も制限することです。
意外に一般葬より持出する費用が増えます。

また、安い価格プランには後からオプションとして追加される商品も多く
結果あまり変わらなかった・・となるケースも

私達はくれんの家族葬の考え方は少し違います。
『家族葬は見送り方の違い』と言う認識です。
つまり、一般的な葬儀と違い故人様の背景に合わせて雰囲気をカスタマイズ
出来ると言うこと。

賑やかな雰囲気が好きな方ならパーティ風にアレンジしたり
多趣味な方なら展示会形式にしたり・・


当社の家族葬専用式場

ご利用頂いたお客様からこんなご意見が有りました。
『温泉好きだったおばあちゃんらしく旅館に家族で泊まった様に過ごせました。
行きたかった温泉に皆で行けたね』

家族葬は故人と家族が通夜・葬儀の2日間をどの様に過ごすのか?が
最も大事だと考えています。

様々な方々の訃報をニュースで見る度に考えさせられます。


藤澤 隆一

あなたと同じ気持ちになるブログ

合格発表がありました!!

初めまして、私は福井市と永平寺町のホール
(文京・東部・花堂・永平寺ホール)を
管轄しております清水です。

霙(みぞれ)や霰(あられ)が降り始め
福井もそろそろ雪が積もってくる頃と
感じられる日柄になってきましたね。
私は、毎朝の布団から出るのが憂鬱で
妻や子供達(3人娘)に起こされており
家族に感謝している毎日です。

さて話しは変わりますが、今年の9月に行なわれました
厚生労働省認定の葬祭ディレクター技能審査に於きまして
はくれん事業部より6名の合格者を出すことが出来ました。
これで福井県では41名の葬祭ディレクターが所属することになりました。
大変難しい試験に立ち向かったスタッフを讃えたいと思います。


特に1級葬祭ディレクター試験は、葬儀業界での実務経験が5年以上必要となり
試験内容は筆記試験と実務試験(接遇・司会・幕張・実務筆記)の
両方の合格ラインが必要です。
私も8年前に挑戦した時には、毎日のように勉強し
試験前日は緊張のあまり、お酒を飲まずには
いられなかったことを思い出されます。

この資格は、葬祭業界に働く人にとって必要な知識と
技能のスキルが必要で社会的地位の向上を図ることを
目的とされております。
そして、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であるかを
総合的かつ客観的に評価頂ける制度です。

私達スタッフは、故人様をお送りするにあたり
安心して旅立って戴けるように
そして、葬家様の悲しみが癒され明日への希望を
持って頂けるような儀式を目指しておりますので
経験豊富なスタッフ達に何なりとお聞きください。

ホームページには、葬祭ディレクター者を
顔写真とコメント入りで紹介しておりますので
良かったらご覧ください。


清水 彰裕

あなたと同じ気持ちになるブログ

冬の福井は・・・

福井地区(福井市・永平寺町・坂井市・あわら市)担当の丹尾(ニオ)です。
入社して約10年になりますが、その中からお役に立てる情報を発信して行きたいと思います

さて、福井も12月に近付くにつれて毎日少しずつ日も短くなり
先日は遂に雪が降り出すのではなかと思うくらい一気に冷え込みました
秋を感じる間もなく冬に突入したかのような天気・・・

かと思えば昨日、今日は一転


少し暑さを感じるくらいの天気になっています
これからの福井の冬では見られない青空が広がっています

明日からはまた冷え込む予報です
福井の冬は雪や凍結にも注意が必要ですが
これからの時期、毎日体調管理に気を張ります

冬の寒さには熱いお風呂につかるに限りますね
最近その良さが感じられるようになって来ました
一日の疲れや寒さを忘れられる
あの時間を同じように感じて過ごしている方も
多いのではないでしょうか?

しかし気持ちの良いお風呂もこの時期は命の危険が伴います
その危険とは

ヒートショック

寒い脱衣所から熱いお風呂に浸かるといった激しい温度変化により
血圧が急激に変化し脳梗塞や心筋梗塞などを起こし身体に影響を
及ぼすことを言いますが
これからの冬の時期はヒートショックで亡くなる方も多くなって来ます
普段の生活では何の病気も患っていなかった方が
突然死に至るケースも多くあります

また、ヒートショックが死因となる死亡者数は
交通事故死亡者数の約2倍とうい統計も出ていて
その8割以上は高齢者と言います

ヒートショックになりやすい人の特徴として
・65歳以上である
・高血圧、糖尿病、動脈硬化がある
・肥満、睡眠時無呼吸症候群、不整脈がある
・浴室に暖房設備がない
・一番風呂が好き
・熱い風呂が好き
・飲酒後にお風呂に入ることがある
・30分以上お湯に浸かっている
などがあるそうです(社会福祉法人 恩賜財団 済生会HPより)

でも、やっぱり熱いお風呂がいい‼という方は
ヒートショックを防止する対策をしっかりとしましょう
対策として
①脱衣所と浴室を暖かくしておく
②湯船のフタを開けておく
③夕食前に入浴する
④一番風呂は避ける
をすることで防止につながるそうですよ

安全で安心した生活が出来るようにお互い注意して行きましょう

突然に身内を亡くすことほど
ショックなことはありませんから・・・



丹尾 宏司

あなたと同じ気持ちになるブログ

  • 1
  • 2

あなたと同じ気持ちになるブログ